敷金と礼金って何?

不動産屋を利用した事がある人は、必ず敷金と礼金という言葉を見かけるかと思います。

知ってそうで案外知らないこれらの言葉、一体どういったものなのでしょうか。

まず敷金とは、借りた住まいを引き払う際に、主に部屋の修理代や清掃代として徴収されるものです。

大抵の場合は契約する段階で敷金を徴収されますが、余った敷金はちゃんと戻ってくるので、その点は安心出来ます。

また最近は敷金を取らないという所もありますが、その場合は家を引き払う際に敷金の請求があるので、結局は先に払っておいた方が個人的にお得な気がします。

一方の礼金ですが、これは住まいを提供してくれた人、つまり家主さんに対してお礼の気持ちとして渡すお金の事です。

これは昔の名残があり、終戦後の家がなかった人たちが、家を提供してくれた人へ感謝の気持ちを込めてお金を包んだ事が始まりとされています。

涙を誘うエピソードですが、今はむしろ礼金が0円という所が当たり前となってきました。

それは敷金にも言える事で、敷金と礼金が0円というのが一般的になってきました。

ただし敷金は先程も言ったように、前もって払っておいた方が後々お得な気分になれるかと思います。

その辺は不動産屋と相談して、ある程度の相場を把握しておいた方が良いでしょう。

敷金礼金の使われ方です:修理代